サッカーJリーグ2部(J2)は20日、各地で最終節を行った。前節初めて自動昇格圏内(2位以上)に入った清水エスパルスは、徳島県の鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムで徳島ヴォルティスを2―1と下し、クラブ記録の9連勝。勝ち点84で2位を守り、1年でJ1復帰を果たした。

 >写真特集 清水J1復帰決定  清水は昨季、J1で年間17位に終わり、クラブ史上初めてJ2に降格した。今季序盤は守備的なチームの多いJ2の戦いに苦しみ、昨年5月から続く本拠地での公式戦未勝利が16試合まで伸びた。第6節熊本戦では、6年ぶりに清水に復帰したGK西部洋平選手(35)が右大腿(だいたい)肉離れで長期...    
<記事全文を読む>