【岡山=佐藤秀樹】サッカーの明治安田J2最終節の第42節は20日、各地で11試合が行われ、ザスパクサツ群馬は岡山市のシティライトスタジアムで6位のファジアーノ岡山と3―3で引き分けた。最終成績は11勝12分け19敗(勝ち点45)で、22チーム中、昨季より一つ上の17位でシーズンを終えた。

 攻守が目まぐるしく入れ替わる展開の中、前半14分にフリーキックから先制点を献上。同16、20分と立て続けに失点し、アディショナルタイムにMF瀬川祐輔が1点を返して前半を1―3で折り返した。

 後半は立ち上がりの危機を一丸となってしのぐと、10分にMF山岸祐也が右からのパスに走り込んで2点目を挙げ、34分...    
<記事全文を読む>