サッカーJ2は最終節の20日、各地で11試合を行う。モンテディオ山形は午後2時から天童市のNDソフトスタジアム山形で北九州と対戦する。現在16位の山形は前節の結果で来季のJ2残留が決定。一方の北九州は21位でJ3降格の危機にあり、なりふり構わず勝利を狙ってくるだろう。山形は硬軟織り交ぜたサッカーで相手の勢いに立ち向かいたい。

 北九州はリーグ6位の16得点の原一樹と、小松塁のFW2人が強力で、控えの攻撃的な選手も能力が高い。前節水戸戦は0―2で迎えた終盤、前線に人数を増やして追い付いた。残留に向けて後がないだけに、山形戦では事前の分析と違う戦術を駆使してくる可能性も十分ある。

 山形側もそ...    
<記事全文を読む>