サッカーJ2・モンテディオ山形は18日、天童市の県総合運動公園サッカー場で、今季最終戦となる20日のホーム北九州戦に向けて練習した。紅白戦を行い、セットプレーの守備を確かめた。

 紅白戦では先発組が3―6―1でプレー。北九州戦で出場停止となるMFアルセウに代わり、ボランチにDF田代真一が入った。

 北九州戦は、今季限りで退任する石崎信弘監督にとって山形でのラストゲーム。監督が「チームで一番練習する選手」と評価するDF山田拓巳は「今年は(成績が上がらず)監督にもつらい思いをさせた。最後くらいはいい結果で送り出したい」と力が入る。

 石崎監督がチームを率いた2014年からみっちり指導を受け「自主...    
<記事全文を読む>