明治安田J2第42節の20日、15位のロアッソ熊本は午後2時からキンチョウスタジアム(大阪市)で4位C大阪との今季最終戦に臨む。勝てば昨季と同じ13位まで上がる可能性があり、清川浩行監督は「勝ち点を熊本に持って帰られるよう結果にこだわりたい」と、積極的なプレーを選手たちに求める。

 ロアッソは前節の岐阜戦に勝利し、J2残留を自力で決めた。その後のチーム状態について、指揮官は「選手たちは背負ってきたものがなくなり、今はアウェーで勝ち点を取るという目標に切り替えている」とみる。

 C大阪は日本代表のMF山口蛍のほか、FW柿谷曜一朗らJ1クラスの選手がずらりと所属。7月の対戦では、退場者を出した...    
<記事全文を読む>