今季限りの退団が正式に発表された石崎信弘監督は、13日の練習後や同日夜のイベント後、取材に応じた。J1昇格と天皇杯準優勝、J2降格、さらにJ2残留争い―。まるでジェットコースターのような3シーズンを「本当にいろいろなことがあり、いい経験、いい勉強になった」と振り返った。

 JFL時代に続き、山形で2回目の指揮を執った2014~16年シーズン。最も思い出深い試合はJ1で戦った15年3月、1万2千人超が観戦したホーム初戦の川崎戦だといい「寒い中で大勢のサポーターが声援をくれた。そして勝つことができた」。

 何より日々の練習を大切にする人だ。毎回のように若手の地道なトレーニングに付き合い「わし練...    
<記事全文を読む>