明治安田J2第41節(12日・トランスコスモススタジアム長崎ほか=11試合)V・ファーレン長崎は讃岐に1-2で逆転負けした。通算成績は10勝17分け14敗(勝ち点47)で、順位は前節と同じ14位。讃岐はJ2残留を決めた。

 千葉に2-1で逆転勝ちした札幌は勝ち点を84に伸ばし、首位を守った。清水は岡山を2-1で下して8連勝。町田に1-2で敗れた松本と勝ち点81で並び、得失点差で2位に浮上した。上位3チームによる優勝、J1自動昇格(2位以上)争いは最終節に持ち越された。

 V長崎は前半21分、DF前田の左クロスのこぼれ球をMF岸田が押し込んで先制。1-0で折り返したが、後半15分に同点にされ...    
<記事全文を読む>