サッカーJ2・モンテディオ山形が12日、山口市で行われた第41節の山口戦で引き分け、J2残留を決めた。退場者を出し劣勢に陥りながら追い付き、勝ち点1をもぎ取った。残留決定に敵地へ駆け付けたサポーターや県内から応援した人々は喜びと安堵(あんど)の言葉。J3降格の危機を味わったことで、来季の奮起を願う声も多かった。

 敵地スタンドには約100人が詰め掛け声を張り上げた。山形市松山1丁目、会社員加藤翼さん(32)は試合前、力を込めて「勝って残留を決めてほしい」。残念ながら勝利はならなかったが、途中から10人での戦いを強いられたものの追い付き自力残留。サポーターはあいさつに来たイレブンをたたえ「...    
<記事全文を読む>