明治安田J2第41節(12日・フクダ電子アリーナほか=11試合)千葉は札幌に1-2で逆転負け。連勝は2で止まり、今季ホーム最終戦を白星で飾れなかった。1節を残すが、J2初のシーズン負け越しが決定。札幌は勝ち点を84に伸ばして首位を守った。

 清水は岡山を2-1で下し、8連勝。町田に敗れた松本とともに同81とし、得失点差で2位に浮上した。上位3チームによる来季J1自動昇格の2位以内の争いは、20日の最終節で決着する。◆J2初の負け越し確定 もはや“必然”の結末だった。J1昇格の道を断たれた千葉にとって、求められたのは来季へつなぐ希望。だが、ホームに響いたのは首位に立つ敵の凱歌。失速を続ける...    
<記事全文を読む>