次節の最終戦まで持ち越されたJ1昇格争いは、首位の札幌が一歩抜け出した。勝ち点84の札幌は次節、引き分け以上なら無条件でJ2優勝と昇格が決定。敗れた場合でも、ともに勝ち点81で追う2位清水、3位松本のどちらかが引き分け以下に終われば2位以内の自動昇格が決まる。 最終戦で札幌が敗れ、清水、松本がともに勝利した場合は勝ち点84で3チームが並ぶため《1》得失点差《2》総得点数などの順で順位を決める。この場合、得失点差で優位に立つ清水の1位がほぼ確定し、札幌は松本との2位争いになる。札幌は松本を得失点差で3点、総得点で6点上回っており、得失点差で追い付かれた場合でも昇格をつかめそうだ。 <記事全文を読む>