1点を先行されたまま、時間が過ぎるもどかしい流れを断ったのはエース都倉だった。後半26分、ゴール前へ放り込まれた福森のFKを頭で合わせて同点に。「福森はいつも同じ場所に蹴ってくれる。僕らは信じて飛び込むだけですから」と事もなげだった。

 正念場の一戦で、「きょう、やらなければ男じゃない。倒れるまでピッチに立つ」。懸命に走り続け、最後は珍しく両脚がつった。

 リーグ単独2位となる19得点目を挙げたチームの得点王は「最高の状況で最終戦に臨むことができる」と笑みをこぼした。

...    
<記事全文を読む>