明治安田J2第41節(12日・アイスタほか=11試合)清水は岡山を2―1で下し、8連勝。町田に敗れた松本とともに勝ち点81とし、得失点差で2位に浮上した。札幌は千葉に2―1で逆転勝ちし、勝ち点を84に伸ばして首位を守った。上位3チームによる来季J1自動昇格の2位以内の争いは、20日の最終節で決着する。

 (2)アイス(清水1勝1分け) ▽観衆16740人 清水 24勝9分け8敗(81) 2(2―0 0―1)1 岡山 17勝13分け11敗(64) ▽得点者【清】OG、鄭大世(26)【岡】豊川(10) 【評】清水は終盤の岡山の反撃を耐え、逃げ切った。

 前半は清水ペース。サイドチェンジを有効に...    
<記事全文を読む>