北海道コンサドーレ札幌の昇格決定は札幌ドームでのリーグ最終戦に持ち越された。敵地に駆け付けたサポーターや札幌でテレビ観戦した市民らは「ホームで昇格を決めて」と願った。

 フクダ電子アリーナには、約3千人の札幌のサポーターが集結し、アウェーゴール裏を赤と黒で染めた。後半ロスタイムに内村圭宏選手の劇的な決勝ゴールが決まると、サポーターは総立ちとなりガッツポーズを繰り返した。

...    
<記事全文を読む>