清水のホーム最終戦に今季最多の1万6740人が集まった。試合後のセレモニーで左伴社長は「今季はアウェーでも相手をしのぐ大声援で選手を後押ししてもらい、励みになった」と感謝の言葉を述べた。

 大前主将は「ここ(アイスタ)でJ1昇格を決められなかったが、次も必ず勝つ。徳島に足を運んでもらい、勝利の喜びを分かち合いましょう」と自動昇格の懸かる敵地の最終戦にJ2屈指の“サポーター力”を期待した。

...    
<記事全文を読む>