明治安田J2第41節(12日・トランスコスモススタジアム長崎ほか=11試合)カマタマーレ讃岐は長崎に2―1で逆転勝ち。勝ち点を42に伸ばし、19位に浮上した。最下位金沢、21位北九州がともに引き分けたため、残り1試合で勝ち点差が4に広がり、20位以上が確定。J2残留を決めた。札幌は千葉に2―1で逆転勝ちし、勝ち点を84に伸ばして首位を守った。清水は岡山を2―1で下し、8連勝。町田に敗れた松本とともに同81とし、得失点差で2位に浮上した。上位3チームによる来季J1自動昇格の2位以内の争いは、20日の最終節で決着する。最終節は午後2時から各地で一斉キックオフで行われ、カマタマーレは丸亀市金...    
<記事全文を読む>