J2第41節の12日、首位の北海道コンサドーレ札幌は千葉市のフクダ電子アリーナで千葉と対戦し、2―1で逆転勝ち。3位だった清水も勝ったため、5季ぶりのJ1復帰は20日の最終節へ持ち越しとなった。

 札幌は前半31分にミドルシュートのこぼれ球を決められ、先制点を許したが、後半26分、FKを都倉が頭で押し込み同点に。ロスタイムに内村が決勝点を挙げた。

 自動昇格できるのは2位以上。札幌の通算成績は25勝9分け7敗で勝ち点は84。清水、松本が81で続いており、札幌は次節で勝つか、引き分ければ、昇格とJ2優勝が決まる。

 最終節は20日午後2時から、札幌ドームで金沢と対戦する。

...    
<記事全文を読む>