サッカーJ2・モンテディオ山形は10日、天童市の県総合運動公園サッカー場で練習した。朝の時点でグラウンドに積雪があり、クラブのフロント、トップチームスタッフ、サポーターらがピッチの半分を除雪。使用可能になったスペースを使い、トレーニングした。

 ボール回しなどで体を動かし、12日のアウェー山口戦(山口市)に向けてセットプレーの攻守を確認。主将のGK山岸範宏は「(前節の結果で)残留争いについては抜け出せる可能性が高くなり、ポジティブにトレーニングに取り組めている。雪かきをしてくれた皆さんに対する感謝を、勝利で表したい」と決意を語った。先発濃厚のFW大黒「いいサッカーで勝つ」 ○…FW大黒将...    
<記事全文を読む>