サッカーJ2松本山雅FCが9日に松本市のかりがねサッカー場で行った公開練習には、約250人のサポーターが駆け付けた。次節12日は、結果によってJ1自動昇格確定や首位浮上の可能性がある重要な試合。クラブによると、練習試合以外の公開練習でこれだけ多くの見学者が集まるのは珍しく、サポーターたちはグラウンドの選手に熱いまなざしを送っていた。

 選手たちは各種トレーニングの後、試合形式の練習に臨んだ。ゴールが決まると、サポーターたちは「おー」と歓声を上げて拍手。松本市中山台のパート従業員手代木(てしろぎ)美津江さん(67)は「(前田)大然選手ら若手の動きがいい」と感心していた。

 安曇野市三郷明盛の...    
<記事全文を読む>