J2京都に来季から加わる常葉大浜松のFW大野耀平(21)が9日、浜松市北区都田町の同大で入団会見し、「子どものころからの夢がかなったが、ここがスタートライン。開幕戦からスタメンで活躍したい」と抱負を語った。

 大野はボールコントロールに定評のあるストライカーで、東海学生リーグでは得点王にも輝いた。京都の野口裕司強化部長は「チームに足りない得点力を埋めてくれると確信している」と高く評価する。大野は目標の選手に日本代表のFW岡崎慎司を挙げ「泥臭くゴールを狙っていきたい」とアピールした。

 大学では清水エスパルスで活躍した沢登正朗監督の指導を受けた。沢登監督は「1年の時から才能を感じさせた。私生...    
<記事全文を読む>