J2首位の札幌は4日、札幌市西区の宮の沢白い恋人サッカー場で、第40節の徳島戦(6日、徳島県鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム)に向けて練習を行った。札幌は10位徳島に引き分け以上だと、3位清水の結果次第で2位以内でのJ1自動昇格が決まる。大一番を控え、この日はランニングなど軽めのメニューで調整した。

 次節は中2日で、6戦未勝利が続くアウェーゲーム。四方田監督は「(前節の勝利で)雰囲気も流れも良くなっている」とした上で、「徳島戦も勝たなければいけない。しびれる状況は変わらない。気を引き締めていきたい」と語った。

...    
<記事全文を読む>