さっぽろ東急百貨店は、サッカーJ2北海道コンサドーレ札幌がJ1昇格を決めた翌日の午前10時から、同店地下1階北口で、縁起物の「勝ち栗(ぐり)」にちなみ、栗を使った焼き菓子を先着500人に振る舞う。コンサドーレは最短で6日にも昇格が決まる。

 さっぽろ東急は8月からコンサドーレの協賛企業に加わった。戦国武将が戦に勝った時などに栗を配ったことから、チームの昇格を祝おうと初めて企画した。

 当日は栗を練り込んだこしあん入りのパイを500個限定で配る。この菓子は石屋製菓(札幌)が販売しており、赤い外装にコンサドーレのマスコットキャラクターをあしらっている。

 同店は「店舗でも祝賀ムードを盛り上げたい...    
<記事全文を読む>