J2清水のGK杉山力裕(29)が4日、静岡市内の病院で検査を受け、左膝内側側副靱帯(じんたい)の損傷が判明した。途中出場した3日の京都戦で負傷した。全治は6週間程度となる見通しで、今季の出場は絶望的となった。

 京都戦前の練習でボールが頭部付近を直撃し、前半で交代したGK植草裕樹(34)も4日、静岡市内の病院で検査を受けた。6日の讃岐戦の出場は微妙な状況。

...    
<記事全文を読む>