サッカーJ2・ツエーゲン金沢は6日、金沢市の県陸上競技場でジェフユナイテッド千葉とホーム最終戦を戦う。今季は残り3試合で勝ち点は20位のギラヴァンツ北九州、21位の金沢、最下位(22位)のFC岐阜が37で並ぶ混戦模様となっており、残留争いから脱出するためにも千葉戦で勝ち点3を積み上げることが重要となる。

 千葉は現在11位、3日のセレッソ大阪戦で3-0で快勝し、8試合ぶりの白星を挙げた。勝ち点は49となり、金沢など降格圏クラブとの差が12に広がり、J2残留が確定した。

 森下仁之監督は千葉の印象について、大阪戦で2点を奪った井出遥也を例に挙げ「個々の能力が高いチームなので、1つのミスが失点...    
<記事全文を読む>