明治安田J2第39節(3日・トランスコスモススタジアム長崎ほか=11試合)V・ファーレン長崎は北九州と0-0で引き分けた。通算成績は10勝17分け12敗(勝ち点47)で前節と同じ13位。3試合を残してJ3との入れ替え戦を行う21位との勝ち点差が10となったため、来季のJ2残留が確定した。

 首位の札幌が讃岐に4-1で快勝して連敗を2で止め、勝ち点を81に伸ばした。次節にも5年ぶりのJ1復帰が決まる。2位の松本は熊本を下し、78。京都に勝った3位清水が75で続く。

 V長崎は後半に試合のリズムをつかんだ。前半はなかなか決定機をつくれなかったが、後半に入ってFW木村ら前線の選手が積極的に攻め上...    
<記事全文を読む>