J2ギラヴァンツ北九州が20位に浮上し、降格圏を脱出した。V・ファーレン長崎との「九州ダービー」で0-0で引き分けて勝ち点37。愛媛に1-3で敗れた金沢は同37ながら、得失点差で21位に後退した。北九州は19位の讃岐との勝ち点差も2に縮めた。ロアッソ熊本は2位の松本に0-1で惜敗。首位の札幌は讃岐に4-1で快勝した。

 ■池元が10戦ぶり復帰 約3カ月半ぶりに降格圏を脱した。北九州がスコアレスドローで、7月16日の23節以来となる20位に浮上。「自分たちのスタイルをぶれずにやれた」。柱谷監督は降格圏の21位から順位を一つ上げた選手をたたえた。

 ともにカウンターを狙う展開となったが、最後ま...    
<記事全文を読む>