J2清水のFW北川航也(20)が、今季チーム3人目となる2桁得点にあと1点と迫った。10月29日の群馬戦は後半28分から出場し、7分後にゴールを決めた。今季の9得点はすべて途中出場から奪っている。J1復帰が懸かるリーグ戦残り4試合も「切り札」としての役目を果たす。

 開幕からの4試合連続など、今季は7試合に先発した。3月の長崎戦で先制アシストするなど存在感を示したが、チームの戦績は1勝3分け3敗。「先発で出たい思いはあるが、チームが勝たないと意味はない」と責任を痛感する。得点を奪うことだけがFWの仕事ではない。途中出場の起用が続く中で、試合に臨む姿勢の変化が好調の秘訣(ひけつ)になってい...    
<記事全文を読む>