残り4試合の正念場をチーム一丸で乗り越える。あす3日にホーム讃岐戦(札幌ドーム)を迎える首位の北海道コンサドーレ札幌は、試合前々日の紅白戦を行わず、セットプレー練習などを行い調整した。讃岐戦後も中2日の連戦であることから各チーム、メンバーの入れ替えも予想されるが、誰が出ても同じサッカーで戦う原点に返り、2戦必勝を目指す。

 四方田監督、僕を使ってください! MF荒野の心の声が聞こえてきそうだ。セットプレーの練習後、前節出場した先発組以外はピッチに残り、8対8のミニゲームを行った。2列目に入った荒野は、果敢な飛び出しから積極的に攻撃を仕掛け、自らゴールも奪った。「チャンスがあれば早く試合に...    
<記事全文を読む>