Jリーグの年間王者を決める明治安田チャンピオンシップ(CS)決勝は29日午後7時25分からカシマスタジアムで第1戦が行われ、2006年以来10年ぶりのタイトルを目指す年間勝ち点1位の浦和が同3位の鹿島と対戦する。

 浦和は28日、大原サッカー場で約1時間の最終調整を実施した。けがで長期離脱の梅崎を除いて全24選手が参加し、11対11のゲーム形式の練習などで入念に汗を流した。

 ミハイロ・ペトロビッチ(ミシャ)監督は「公式戦はかなりの時間が空いたが、集中力と緊張感を持っていい状態で臨める。チーム一丸でいい結果を残すために頑張りたい」と敵地での先勝を誓った。

 決勝はホームアンドアウェー方式で...    
<記事全文を読む>