仙台の今季最後の練習試合に約250人の観客が集まった中、25日に残留することが発表された三田が躍動。「新しいフォーメーションを試せて充実した試合だった」と語った。

 今季FC東京から期限付き移籍し、開幕からボランチのレギュラーをつかみ、故障なくフル稼働した。26歳は「プロ入り後、これだけ長い時間出場したのは初めてで、成長させてもらった」とチームに感謝する。

 生まれ育った東京への愛着もあったが、来季も続投する渡辺監督やスタッフに「必要としている」と口説かれて完全移籍を決断した。「タイトルを取るという新たな目標に向かって気分良くオフに入れる」と表情を緩めた。

...    
<記事全文を読む>