今季リーグ戦を11位で終えたサッカー・J1サガン鳥栖の監督、選手らが25日夜、佐賀市の「アルカディアSAGA」でスポンサーへのシーズン報告会「かちがらす会忘年会」を開いた。160人が参加し、J1参入5年目の激闘を終えた選手たちをねぎらった。

 フィッカデンティ監督や全選手が参加した。フィッカデンティ監督は「力強いスポンサーの協力を感じることができていた。リーグ優勝できる土台があるので近いうちに一番上に」とあいさつ。金民友(キム・ミヌ)主将は「いつも支えてもらい感謝している。チームが成長するためにはみなさんの力が必要。選手たちはもっと上を目指す」と力強く話した。

 選手たちは、ユニホームにサ...    
<記事全文を読む>