明治安田J1チャンピオンシップ(CS)決勝を控える年間勝ち点1位の浦和は26日、大原サッカー場で調整に臨んだ。長期離脱の梅崎を除いてけが人はなく、残りの24選手が練習に参加した。

 ハーフコートよりやや広めのピッチを使い、11対11の戦術練習を実施した。エリアを3分割して攻撃と守備の人数が5対5の状態で崩しの形を確認。決勝で対戦する鹿島を想定した内容だった。

 主力組はGK西川、3バック右から森脇、遠藤、槙野、ボランチに阿部と柏木、右ワイドに駒井、左に宇賀神、前線3人は李、武藤、興梠が組んだ。戦術練習の後はゲーム形式の練習に取り組んだ。

 ミシャ監督は何度も練習を止めて熱心に指導。選手たちの...    
<記事全文を読む>