◆サポーターに抱負 来季からサッカーJリーグ一部(J1)に復帰する清水エスパルスのサポーターへの報告会が二十六日、静岡市清水区のエスパルスドリームプラザであった。小林伸二監督や選手らが、集まった四千人に一年間の応援の感謝と来季への決意を伝えた。

 清水は創設以来初めてJ2に降格した今季、コンサドーレ札幌に次ぐ二位で、一年でのJ1復帰を決めた。来季も続投する小林監督は「J1でも皆さんの前で活躍し、喜んでもらえるようなチームをつくりたい」と意気込みを述べた。

 大前元紀主将は「来年は簡単な舞台ではないが、選手とサポーターが一つになってJ1を楽しみましょう」と結束を誓い、J2得点王の鄭大世(チョ...    
<記事全文を読む>