J1浦和は25日、さいたま市内で臨時株主総会と臨時取締役会を開き、三菱重工業と三菱自動車の共同出資会社である「ダイヤモンドF.C.パートナーズ」から新たに取締役と監査役が計3人着任すると発表した。

 新任は、取締役の斎藤啓介氏と立花洋一氏、監査役の芹沢剛氏で、いずれも三菱重工所属。取締役は淵田敬三代表を含めて8人になった。

 浦和は1日、株式の50・6%を持つ三菱自と、横浜Mの親会社である日産自動車の業務資本提携により、複数クラブを支配下に置くJリーグ規約に抵触する恐れがあるため、三菱自と三菱重工の共同会社を設立し、三菱自が保有する浦和株を譲渡すると発表していた。

 役員は以下の通り。

 ▽代...    
<記事全文を読む>