J1仙台は23日、仙台市の紫山サッカー場で仙台大との練習試合(45分2回)に臨み、5-2(1回目0-0)で勝った。

 攻撃に力を入れている仙台はこの日、3-4-3の陣形を採用した。1回目は無得点ながら数多くの好機を演出。2回目はMF蜂須賀、DF金眠泰がそれぞれ2得点して先行し、リードを守った。

 渡辺監督は「前回の練習試合まで試みた4-3-3から派生し、攻撃で優位性を保ちたかった。蜂須賀らが特長を生かしやすいことが分かった」と手応えを語った。<「クロスも縦も、楽しい陣形」> 「目に見える結果を残したかった」。22日に結婚を発表した蜂須賀が、母校の後輩を相手に、3-4-3という攻撃的布陣の中...    
<記事全文を読む>