J1の年間優勝を争う明治安田チャンピオンシップは23日、川崎市等々力陸上競技場で準決勝が行われ、第1ステージ優勝の鹿島(年間勝ち点3位)が川崎(同2位)を1-0で下し、第2ステージ優勝の浦和(同1位)との決勝に進出した。鹿島は後半5分に金崎が挙げた1点を守り切った。川崎は年間3位が決まった。 決勝はホームアンドアウェー方式で行い、第1戦は29日にカシマスタジアム、第2戦は12月3日に埼玉スタジアムで開催される。■役割を全うした 鹿島・石井監督90分間、選手たちが自分の役割を全うしてくれた。(得点は)選手らが状況判断をして狙ってくれた。次はカシマで多くのファン、サポーターの前でプレー...    
<記事全文を読む>