那覇市の奥武山公園にサッカーJ1の公式戦に対応したスタジアムを建設する計画について、県文化観光スポーツ部の前田光幸部長は21日、「コストセンターではなく、利益を生み出す収益施設にしなければいけない」と述べ、商業施設のほかホテルも併設した複合施設とする方針を明らかにした。沖縄と本土の経済人で構成する沖縄懇話会のパネルディスカッションに出席し、新たなスタジアム構想を説明した。

 前田部長は奥武山でのサッカースタジアムについて「スタジアム改革の時流も押さえており、観光振興にもつながる観戦環境として、見る人が臨場感を感じるスタジアムにする」と説明。ホテルを併設する構想については「条例の見直しなど...    
<記事全文を読む>