サッカーJ1で来季J2に降格する名古屋グランパスが豊田市千石町の豊田スタジアムで十二日に開いたファン感謝デー。詰め掛けた四千五百人のファンがクイズゲームや握手会などで選手との交流を楽しみ、「どんな時も応援する」と温かい声援を送った。

 スタジアム内の見学ツアーに参加した高浜市の会社員都築隆紀さん(35)は「ロッカールームなどに入ることができ、選手に親近感がわいた」。妻敦子さん(32)とほぼ毎試合観戦に行くといい、「このスタジアムが好きなので、早くJ1に上がってホーム戦を増やして。選手、サポーター、フロントが一丸となって前向きに生まれ変わることを切実に願う」と熱を込めた。

 ステージでは、退...    
<記事全文を読む>