天皇杯全日本選手権4回戦最終日の12日、J1年間勝ち点1位になった浦和は同2位の川崎と等々力陸上競技場で対戦する(19時)。アジア・チャンピオンズリーグ出場でシードされたため今大会初戦となる。リーグ王者を決めるチャンピオンシップ(CS)決勝で戦う可能性のある相手をたたき、10年ぶりの天皇杯優勝へ勢いに乗りたい。

 チームは11日、大原サッカー場で最終調整し、ミシャ監督は「川崎との対戦は勝敗がどちらに転ぶか分からないオープンな展開になる。天皇杯を勝ち上がり、一番上のものを手にするため一丸で勝利をつかみたい」と前回大会の決勝進出に満足せずタイトルを誓った。

 11対11のゲーム形式で主力組には...    
<記事全文を読む>