エースのクリスティアーノら外国籍選手が大幅に入れ替わった夏。佐久間悟監督の頭の中には、巻き返しを期すための「理想型」があった。 「2トップに(8月再加入の)ダビとドゥドゥ。3ボランチの底にマルキーニョス・パラナ、新井涼平と稲垣祥が右と左に入る。後ろは山本英臣主将と土屋征夫。左サイド(ウイングバックとストッパー)にはエネルギーのある日本人を取りたい」 この時期、佐久間監督は頻繁に「安定を取り戻す」と語っていた。その定義について、監督は「主力選手をベストのポジションでプレーさせること」と説明している。

...    
<記事全文を読む>