11月3日の名古屋グランパス戦をもって、2016シーズンのJ1リーグ戦が幕を閉じた。湘南ベルマーレの最終結果は17位。来季は3シーズンぶりに戦いの場をJ2に移すこととなった。天皇杯を残してはいるものの、苦しい戦いが続いたにもかかわらず熱い声援を送り続けてくれた方々に、まずは1年間のお礼を申し上げたい。

 J2への降格が決まって以降の2試合、チームには少しの変化があった。ゴールキーパーに、これまでJリーグ戦での出場機会がなかった梶川裕嗣が起用されたのだ。梶川は大学卒業後3年目の25歳。同期には、副キャプテンを務める三竿雄斗や、三竿と共に加入1年目から出場を重ねてきた菊地俊介らがいる。彼らが...    
<記事全文を読む>