シンジ効果で昇格決める! 6日の徳島戦に敗れJ1昇格決定が12日以降になった札幌の選手たちは、除雪されたサッカー場の外周部分を使ってランニングなど軽めの調整を行った。2位松本に勝ち点で並ばれたが、四方田修平監督(43)はブレずに今までやってきたことを継続する決意を述べ、12日千葉戦に小野伸二(37)が帯同する可能性を示唆した。

 練習を終えた四方田監督は、なかなか昇格を決められない状況について、「残り2試合でチャンスをつかみにいく」と、落ち込むことなく前向きに戦う姿勢を改めて示した。主将のMF宮沢も「負けたことは残念だが、勝てば昇格できることに変わりはない」とネガティブになることなく千葉...    
<記事全文を読む>