サッカーJ1ジュビロ磐田の木村稔社長と名波浩監督が7日、静岡市駿河区の静岡 新聞放送会館に、大石剛静岡新聞社社長らを訪ね、今季の終了を報告した。8勝12分け14敗の年間順位13位でJ1に残留した名波監督は「勝ち数と負け数をひっくり返したい」と来季への意気込みを語った。

 3季ぶりにJ1復帰したジュビロは、第1ステージを8位で折り返したが、第2ステージはわずか2勝と苦戦した。大石社長は「来季は年間を通して積極的なプレーをしてほしい」と期待した。木村社長は「来季は『ハラハラ』ではなく『ワクワク』させたい」と話した。

 将来を見据えてチームづくりを進める名波監督は「来季は一つでも順位を上げたい。そ...    
<記事全文を読む>