ベンチ入りメンバーが、J1残留の懸かった最終節ベガルタ仙台戦の地に向かった1日。出発直前、メンバーを外れた主将の岡田隆は、チームメートに今季限りでの引退を告げた。「しっかりまとまって、結果を求めていこう」。祈るような気持ちで、思いを託した。一体感の大切さは、監督の名波浩が一昨年の就任時からチームづくりの基本に掲げてきたことだ。

 主将の言葉で、結束は一段と強まった。藤枝東高時代の同級生でもある大井健太郎は、試合に出場できない岡田の葛藤を知っていた。ピッチに立てるのは11人。「出られない仲間の思いを忘れなければ、集中が切れることも、逃げ腰になることもない」。大一番でチームが見せたのは、意思...    
<記事全文を読む>