サッカーJリーグ一部(J1)名古屋グランパスは四日、来季のJ2降格が決まったことで、ボスコ・ジュロブスキー監督(54)=セルビア=と来季の契約を結ばないことを決めた。

 クラブ幹部は本紙の取材に、新監督として外国人監督へ正式なオファーを同日中に出したことも明かし、「オファーを受けてくれれば、すぐにでも決めたい」と語った。久米一正社長は同日、親会社のトヨタ自動車本社(愛知県豊田市)で、佐々木真一副会長に辞任を申し入れ、了承された。

 久米氏はJ1柏レイソルの強化本部長、J2清水エスパルスの強化育成本部長を経て、二〇〇八年に名古屋のGMに就任。闘莉王選手やFW金崎夢生選手(現J1鹿島アントラー...    
<記事全文を読む>