J1大宮のトータルアドバイザーに1日付で就任したサッカー女子日本代表「なでしこジャパン」前監督の佐々木則夫氏(58)が2日、NACK5スタジアム大宮で会見し、「11年ぶりに大宮の仕事をすることは感無量。大宮にはすごく愛がある。まだまだパワーアップできるので一助になりたい」と熱く語った。

 佐々木氏の就任に当たり、大宮の森正志社長(53)は「経験、知識が豊富なところを生かしていただきたい」と期待を寄せる。今後は大宮の業務内容を把握した上で活動する見込み。佐々木氏は「来季以降も、トータルに躍進することが重要」と意気込んだ。

...    
<記事全文を読む>