サッカー鹿島アントラーズの草創期に活躍したブラジル人のサントスさん(55)が10月29日、鹿嶋市神向寺のカシマサッカースタジアム内のミュージアムでトークショーを行った。サントスさんは久々にスタジアムを訪れ「感極まっている」と心境を語った。

 サントスさんはブラジルのプロで活躍後、Jリーグが始まる前年の1992年に鹿島に加入。アマチュア上がりの日本人選手にプロ意識を植え付け、在籍した3年半で「鹿島の未来を示せた」とチームの土台づくりに尽力した。鹿島を離れた後もJリーグのクラブを渡り歩き、41歳までプレーし「鉄人」の異名を取った。長年サッカーを続けられた秘訣(ひけつ)を「人以上に練習するのが...    
<記事全文を読む>