J1川崎は1日、日本代表FWの小林悠(29)が左もも裏の肉離れで全治4週間と診断されたと発表した。10月29日の鹿島戦で負傷した。

 小林はここまでリーグ戦32試合でエース大久保と並んでチームトップの15得点。チームは3日に第2ステージ最終節のG大阪戦に臨むが、すでに年間2位以上を確定させ、年間王者を決めるチャンピオンシップ(CS)への出場も決めている。

 小林は1日、「何とか(23日か29日が初戦となる)CSに間に合わせられるように努力したい」と話した。

...    
<記事全文を読む>