青少年の健全育成を図ろうと、県警少年課と小川署は小川町立西中学校で、Jリーグの浦和レッズを招いてサッカー教室を開催した。同校と町立東中学校のサッカー部員、浦和レッズハートフルクラブのコーチや署員ら計77人が交流を深めた。

 ハートフルクラブは元浦和レッズ選手らで構成。非行防止活動の一環として2013年度から、県警と協力して子どもたちを対象にサッカー教室を開催している。この日は落合弘キャプテンら7人が参加した。

 教室では、県警のスクールサポーターによる講話「暴力・いじめは許さない」の後、実技指導を実施。両校サッカー部員の合同チーム対ハートフルクラブ・警察官の混成チームで交流試合も行った。

 ...    
<記事全文を読む>