サッカーの天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)第7日は12日、等々力陸上競技場などでJ1勢による4回戦が行われた。

 3度のリードを生かせなかった浦和は川崎と3―3で、PK戦の末に1―4で敗退した。

 浦和は後半26分に興梠が先制。41分にPKで追い付かれたが、43分にオウンゴールで勝ち越し。それでもロスタイムに失点して延長戦に入った。延長前半7分には青木が3点目を奪ったが、同後半12分に失点してPK戦になった。PK戦はズラタンと興梠が失敗した。■存在感示すもフイ 先制ゴールのFW興梠 エースが一発で仕留めた。

 3枚目のカード、ズラタン投入直後の後半...    
<記事全文を読む>