サッカーの天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、静岡新聞社など共催)は9日、各地で16強による4回戦の3試合が行われ、清水は3連覇を狙うG大阪に延長の末、0―1で敗れた。

 ▽4回戦(吹田ス) G大阪(J1) 1(0―0 0―0 延長 0―0 1―0)0 清水(J2) ▽得点者【G】長沢 【評】清水は粘り強く守った。

 立ち上がりは清水の積極性が目立った。15分、川口の右クロスを北川が頭で合わせた。その後は相手に押し込まれ、ファウルで止める場面が増えた。

 後半はGK高木和が再三のピンチを止めた。41分、金子のパスカットからの速攻で、鎌田の折り返しに金子がシュートを放ったが、決...    
<記事全文を読む>